プレハブ・システム建築の倉庫、事務所を手がけるサンエイの、工事の流れをご紹介します
サンエイの強み
HOME > サンエイの強み > その3:工事の流れ

その3:工事の流れ

プレハブ・システム建築の完工精度は、工事担当者の力量にかかっています。サンエイでは各担当者間で連携を密接にとり、スタッフ個々の“人間力”を生かして現場管理に努めます。

1.営業担当者からの引き継ぎ

1.営業担当者からの引き継ぎ

設計図書をはじめ、お客様との打ち合わせの議事録や予算書など、工事に必要な書類を営業担当者から受け取り、事前に引き継ぎを行います。


2.現場確認

2.現場確認

現地を確認して、事前に予測できる問題点などを整理します。さらに着工から竣工までの過程をイメージして、意識を高めていきます。


3.お客様との顔合わせ

3.お客様との顔合わせ

お客様のもとへ工事担当者が伺い、会って直接ご要望をお聞きします。工事内容とお客様のこだわりについてのさらなる理解と把握に努めます。


4.工事準備

4.工事準備

「段取り8割」と世間でよくいわれるように、着工前の綿密な段取りが重要です。サンエイではとくに次の事柄について、入念に準備をします。

  • 工事日程の作成
  • 工事施工図の作成
  • 工事安全計画の考案
  • 製品メーカー・協力会社の選択 など

5.協力会社との事前打ち合わせ

5.協力会社との事前打ち合わせ

各種図面をもとに、事前に協力会社間で工事精度について確認を行い、互いの連携を図ります。このときに安全対策などを共有します。


6.工事着工

準備が整った時点で、いよいよ工事を開始します。安全に十分注意し、事前に立てた計画に沿って、工事を進めていきます。


7.段取り・測量

7.段取り・測量

 

新規入場者と綿密に打ち合わせを行い、墨出しなどの段取り、そして測量を、正確かつ的確に実施していきます。


8.安全管理・施工管理・工程管理

8.安全管理・施工管理・工程管理

完成するまでの間、工事従事者の安全に留意します。
無理・無駄のない施工計画に従い、工期の遵守のために円滑に施工を進めます。


9.竣工・検査・引き渡し

9.竣工・検査・引き渡し

 

お引き渡し前には、社内検査・公的検査・引き渡し検査を徹底して行い、万全な状態であることを確認いたします。




株式会社サンエイ HOME 会社案内 サイトマップ 採用情報 お問い合わせ